韓国語×shikaのつぶやきメソッドで理想の自分になろう-day2-

おはようございます!shikaです。

  韓国語が話せない本当の理由      

オンライン講師になる前は、高校生から80歳の方まで幅広く個人レッスンをしてきました。
レッスン初日にお話しを聞くと半分以上の方が、韓国語に興味をもち勉強しても結局

「話せないまま終わってしまった...」
とのことでした。
なぜ、話せなかったのか...

 

ズバリ!本当の理由について、ココでは解説していきます!

後半で解決策もお話しするので、ぜひ最後まで目を通してみてください。


韓国語が話せる人は、○○○○を頼りにせず文字を見て読む練習をしている!    

この〇に入る言葉、あなたはわかりますか?     そう、この○に入る言葉は実は「カナルビ」なんです。    

インスタの投稿を見てみるとほとんどの投稿に「カナルビ」が付いています。    

なんで付いてるかと言うと、すぐに読めるようにするためなんですが、そもそも韓国語は日本語にない音が結構たくさんあります。  

日本語の母音は「あ・い・う・え・お」と5個ですが、   韓国語の母音は「아・야・어・여・오・요・우・유・으・이」と10個もあるんです。      

ということは当然、日本語にない音が半分以上あるということになります。    


韓国語は日本語にない音が半分以上ある!        

なので、日本語にない音を日本語にするのは限界があるんです。     

 

インスタ投稿に「カナルビ」が振ってあるのはあくまでも初心者の方にすぐに読んでもらうためで、実際に韓国語を話せるようにするためのものではありません。

               
カナルビは「カタカナ」なので、日本語。   つまり、韓国語の文字を読んでいるわけではないんです。      

 

じゃあ、韓国語が話せる人はどうやって勉強しているのでしょうか?        

韓国語を話すためには、韓国語の「文字」を「音」で理解することが大事になってきます。


     
韓国語の文字は「音」で理解すること!      

この「音」を聞いて、文字とつなげることができればもう怖いものはありません。      

もし最初どうしても不安な方は、「ローマ字」で書いても大丈夫です。    


ただ、慣れてきたら韓国語の文字だけ見て読めるようにしていきましょう♪    

ローマ字も難しい...      

そんな方は、文字を似たものに「イメージ」してみてもいいです!    

たとえば、「ㅏ」と「ㅗ」     ただの棒にしか見えないけれど、これに「音のイメージ」を付けてみたらどうでしょうか?  

         


「ㅓ」

  音のイメージ =音が軽い、雲みたいにふわっとしたイメージ   文字のイメージ =木の枝のよう。軽くてすぐに飛んでいってしまいそう  

 

「ㅗ」

  音のイメージ =音がずしっと重くて強いイメージ   文字のイメージ =木の根っこみたいにしっかりしていて、びくともしない  

 

文字を音で理解していくことが、韓国語を話せるようになるキーポイントになるんです。      

なので、カナルビから慣れるのではなく、文字を見て「音」に慣れる練習をしていきましょう!        

**********************

明日は韓国語を話せなかった私が
韓国語を仕事にするまでの経験を
シェアさせていただきますね。  

**********************

最後まで読んでいただいた方は、こちらの「読んだ!」ボタンを押してくださいね✨  
押していただいた方には明日も配信を継続させていただきます!        

 

  • この記事を書いた人

Shika

こんにちは、shikaです!
大好きな推しで学べる韓国語を発信中♪
10年間の韓国留学の経験を活かして、すぐに使えるフレーズなどまとめています。
Shikaの韓国語へ

© 2024 Shikaの韓国語 Powered by AFFINGER5