勉強法

最強の勉強法3つ教えます!【推しと一緒に韓国語】

こんにちは、shikaです!

 

皆さんはふだん韓国語をどうやって勉強していますか?

✓ 推しのコンテンツを見ている
✓ 動画を見た後に文章を書くようにしている
✓ 大好きな推しで文章を作って音読する

 

いろんな勉強法がありますが、どの方法がいちばん忘れにくいと思いますか?

できれば、いちばん忘れにくい方法で勉強したいですよね!

 

そこで今回は、いちばん忘れにくく、学習したことが定着しやすい最強の勉強法について紹介したいと思います。

今日からできることばかりなので、読んだらすぐ実践してみてくださいね♪

 

shika
그럼 시작해볼까요?

 

最強の勉強法3つ

最強の勉強法をお伝えする前に、知ってほしい「学習定着率」についてお話ししたいと思います。

 

ラーニングピラミッド

 

皆さんはこの言葉、聞いたことありますか?

「ラーニングピラミッド」とは、どの学習法がどれくらい定着しているかの比率を表す図のことを言います。

 

引用元:キャリア教育ラボ

 

この図を見ると、いちばん下にいくほど、学習の定着率が高くなっています。

 

いちばん下から見ていくと、

① 人に教える:90%
② 自分で体験する::75%
③ グループ討議:50%
④ デモンストレーション:30%
⑤ 視聴覚:20%
⑥ 読書:10%
⑦ 講義:5%

 

よく見ると、上にいくほど「受け身」の姿勢になっているのがわかります。
反対に下にいくほど「自発的」に自分で何かをしていくアクティブなものが多いです。

 

なので、レッスンだけを受けている方は、学習定着率20%ですが、学んだ内容を人に教えてる方は学習定着率が90%になります。

 

 

近くに教える人がいなくても、自分で声に出してマネしたり、文章を作るだけでも学習定着率は75%と高まります。

 

自分でどれくらいアクティブに学習するかがキーポイント!

さらに具体的にどんな勉強法がおススメなのか順番に紹介していきますね。

 

最強の勉強法1「声に出して読んでみる」

最強の勉強法、最初に紹介したいのが「声に出して読んでみる」ことです。

レッスンでもお話ししていますが、習った会話文を声に出して読んでみることがとても大事です。

 

「声に出して読んでみる」は、ラーニングピラミッドにもあった「自分で体験する」に該当します。

学習定着率は、 75%!

 

そして、声に出すことで耳でも音を聞くので、「目」と「耳」両方で学んだことを確認することができます。

私もよく声に出して読んでいますが、ネイティブの音でなくても大丈夫です。

自分の音を聞くことで自分に近づく、その音と距離が近くなる感覚がとても大事!

 

 

강아지
何回読んだらいいの?

 

3回以上は声に出して読んでみてください。
ここは、回数が増えれば増えるほど良いです!

ぜひ、本当に声に出して読んでみてくださいね。

 

 

병아리
大好きな推しで文章を作って読んでもいい?

 

ぜひ、読んでみてください。
できれば、その推しに「なりきって」読んでみることがおススメです。

声に出して読むときに、その読む相手になりきって、感情を込めるとさらに良いと言われています。

 

なぜかというと、「記憶」と「感情」は強い結びつきがあるからです。
感情を込めれば込めるほど、記憶に定着しやすくなります。

 

今日からぜひ、やってみてくださいね!

 

 

最強の勉強法2「先生になってみる」

 

最強の勉強法、2つ目に紹介したいのは「先生になってみる」ことです。

 

ラーニングピラミッドの中でいちばんの定着率、「人に教える」は、90%も定着率があります。

先生になって、相手に今日習ったこと、勉強したことを教えてみましょう!

もし近くに韓国語を勉強したい友だちがいたら、ハングル文字から教えてみるのもいいですね。

 

近くに教えれる人がいなくても、大丈夫です。

そんなときは、推しのアクスタやトレカを使いましょう!
実際に推しが目の前にいると思って話しかけます。

 

ex)

「今日は○○○について習ったんだ。○○○はね、~」

 

みたいにして韓国語で言えるところは韓国語で、言えないところは日本語で言うようにするとやりやすいです。

 

 

「先生になってみる」
 実践の例

 

✓ 韓国語習いたい友だちに教えてみる
✓ 同じレベルの友だちとクイズを出し合う
✓ 大好きな推しのトレカに話しかける
✓ 大好きな人形に話しかける

 

 

毎日できなくても大丈夫です!
週に1、2回やレッスン後にするといった風に定期的にしてみてくださいね。

 

 

最強の勉強法3「文章で書いてみる」

 

 

最強の勉強法、さいごは「文章で書いてみる」ことです。

文章があると、音を聞いたときに理解できる。

そんな生徒さんの言葉で改めて思ったのが、この勉強法です。

 

実際に韓国語を耳で聞くと、聞き取りにくい音ってなかなか聞こえてこないですよね。

そんなときに役に立つのが「文章で書いてみる」ことなんです。

 

そして、文章を作るときはこの2つを中心に書いてみてください↓

① 自分を主人公にした文章

② 大好きな推しを主人公にした文章

 

なぜかというと、人は自分に関係することを先に覚えるからです。
自分と関係ないことはあまり興味がなく、感情も動きませんよね。

ex)

ある生徒さんの文章▽

 

でも、自分と関係があって興味があるものやことには感情がかなり動きます!

その感情をうまく利用するのがおススメです。

 

 

まとめ

今回は、韓国語の最強の勉強法3つについてお伝えしました。

最初からぜんぶ取り組むのは難しいですが、1つずつやっていくとそのうち慣れてきます。

 

そして、学習する時間も、その日その日で変えて大丈夫です。
大事なことは、少ない時間でも「集中して学習すること」なので、すき間時間をうまく利用して取り組んでいってくださいね!

 

今やっているあなただけの学習法があったら、ぜひ教えてください☆
こんな学習法やってます➔こちらまで>

 

그럼 오늘도 좋은 하루 보내요~!

 

 

↓↓韓国語が無料で学べるLINEはこちら↓↓

友だち追加

 

 

  • この記事を書いた人

ipuni

こんにちは、shikaです!
大好きな推しで学べる韓国語を発信中♪
10年間の韓国留学の経験を活かして、すぐに使えるフレーズなどまとめています。
↓オンライン韓国語講座↓
韓国語講座を見てみる>

-勉強法

© 2022 ipuniのひらめき Powered by AFFINGER5